面接の心構え


就職活動で最も重要な目的は、面接を成功させることだといえます。

希望した会社に就職するためには、たとえ完璧な履歴書を仕上げても、あるいはその企業に関しての研究が万全だったとしても、面接で失敗してしまえば意味がないといえます。したがって、面接では全力を尽くさなければなりません。

実際に面接の場に向かう前に、基本的な身だしなみをチェックして整え、携帯電話の電源を切るなど、最低限のマナーやモラルを確認しましょう。

社会人として必須のマナーを身につけているかどうかは、就職では大事なポイントとなりますから、入退室の動作や椅子の座り方まで、一つ一つの動作に気を抜いてはいけません。

緊張しすぎると自分をうまく表現できませんから、自分なりのリラックス方法を見つけておくことも面接時の大切なポイントですね。

もし面接中に逆質問をする場合(こちらから質問する場合)に心がけたいのは、質問内容を効果的なタイミングで、簡潔に話すことを意識することです。

採用担当者とのコミュニケーションを図る観点からも、逆質問は効果的に作用します。

最後に、言うまでもありませんが、陰気な雰囲気を持つ人は就職では不利に働くことがありますので、面接ではできるだけ明るく、元気よく話すことも大事です。

これまでの私の経験では、仕事において「話し声が小さい人」というのは、質問するにしても意見を述べるにしても「自信の無さの表れ」だと思っています。

無駄に大声で喋る必要はありませんが、面接官が聞き返すことがないよう、ハキハキとしっかりした声で喋るように心掛けましょう!

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません