人材派遣会社とバイト


長引く不況で近年では正社員での働き口を探すことが困難になっており、派遣会社を利用して仕事をする人が増えています。

正社員と派遣社員は、勤務先が同じでも待遇は大きく異なります。

収入や待遇などを考慮して、管理人の個人的なイメージを書くなら

バイト<派遣社員<正社員

といったところでしょうか。

 

世の中には、派遣のバイトを探している方もいらっしゃいますが、派遣でバイトにつくメリットはあまりなく、それなら派遣社員になった方が待遇や給料の面でもまだマシですね。

派遣社員はあくまで派遣会社の社員であり、給料も派遣会社から支払われます(派遣会社のスタッフの給料や会社の維持費などがありますから、働き口の会社から派遣会社へ支払われたお金の中から派遣会社が「ピンハネ」をした後、派遣社員へ給料が支払われます)。

ここまででお解りだと思いますが、派遣会社が仲介し、派遣社員と会社とをつなぎます。
採用までの流れや給料の支払いなどを、実際に仕事をする会社が直接行うことはありません。

人材派遣会社は登録制度となっていますので、仕事がほしい登録者から希望やスキルなどを考慮し、求人をしている企業へ仕事を斡旋しています。

スキルが合う人がいれば業務について打診をし、その会社に行って期間満了まで仕事をしてもらいます。

つまり、仕事を探す人と、非正規社員の求人をしている企業とのマッチングを派遣会社がしているということですね。

派遣の期間はあらかじめ決まっており、その日数内で派遣社員が仕事をします。

もし派遣社員として仕事をするならば、働き始めるまで勤務条件に気付かなかったということがないよう、正社員とは違う部分をしっかり認識しておくことが大切です。

世間では正社員よりも条件が悪いと言われている派遣社員ですが、近年では就職難という背景もあり派遣で働くことすら厳しくなっているのが現状。

様々な理由により正社員として働くことが困難な方は、派遣社員かアルバイトとして働くようになることが多いかもしれませんが、しっかりと吟味して就職活動を行いましょう!

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません